*

ホロホロ鳥の卵

公開日: : プリン専門店「プリン研究所」

プリン研究所の北村です。

こんにちは。

 

ホロホロ鳥っていう鳥はご存知でしょうか。

こんな鳥です。

DSCF1083

千葉でホロホロ鳥を育てている小山田さんのところで撮影しました。

 

高級なフランス料理などで肉を使用することはよくあります。

 

ただ、卵は日本ではとても貴重で、あまり出回っていません。

ローマ時代に貴族が好んで食べたと言われる卵なんですが、とても卵黄が大きくコクがあるという風に聞いたので取り寄せました。

 

左がホロホロ鳥の卵なんですが、卵自体は少し小さめです。

DSCF1043

割ろうとしたのですが、殻の固さが半端ないです。

ちょっと叩いたくらいじゃビクともしません。

 

この頑丈なからのおかげでホロホロ鳥の卵は3か月くらい日持ちするそうです。

すごいですね。

 

噂通り、卵黄の大きさが半端ないです。

内容量が40g位でしたが、卵黄と卵白の割合は1:1くらいでした。

 

卵かけごはんで試してみたのですが、やはり卵黄が大きい分、卵の味がかなり濃かったです。

しかも卵臭さが全くなかったので、プリンには絶対に合うだろうなと思いました。

 

プリンは全卵、卵黄、全卵:卵黄が1:1で作ってみました。

 

食べると予想以上の味に感動です。

ローマ貴族も好んで食べるわけです。

 

卵が濃いのに全く卵臭さがありません。

例の卵が嫌いな妹にも食べさせたのですが、ダチョウに続き、これも美味しく食べれました。

 

はい、これも採用です。

これで美味しいプリンを皆様に食べていただきたいと思います。

 

ただ、これも産卵期があり、大体9月で終わるそうです。

しかも卵をなかなか産まないので、数に限りがあります。

 

数が限定になると思いますが、ぜひご賞味いただければと思います。

販売までもう少々お待ちください。

関連記事

シールのデザイン完成!!

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   ようやくシールの全デザインが完成しました

記事を読む

no image

東京出張2日目「めざましテレビ収録」

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   プリンフェスティバルの次の日、めざましテ

記事を読む

青柳養鶏場に行ってきました。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   福岡の青柳養鶏場に視察に行っ

記事を読む

クジャクの卵のプリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   これは研究の一環として試して

記事を読む

ブランド卵の比較

プリン研究所の北村です。 こんにちは。 今日はいろいろ取り寄せたブランド卵の比較をしてみまし

記事を読む

お茶会を見学してきました。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   今日は朝から先日お会いした茶人のお茶会の

記事を読む

ダチョウの卵でプリンを作ってみました!

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   以前に鶏のブランド卵で味の違

記事を読む

ダチョウの卵の味比べ

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   小山ダチョウ園さんからまたダ

記事を読む

no image

うずら卵のプリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。 今日はうずらの卵プリンについてです。 うずら卵

記事を読む

新年、明けましておめでとうございます!

  新年、明けましておめでとうございます! プリン研究所の北村です。 2017年

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑