*

スプーン研究所vol.2 スプーンの素材

プリン研究所の北村です。

こんにちは。

 

前回のスプーン研究所vol.1を見ていない方はコチラから!!

 

スプーンの素材はいろいろな意見があります。

 

ステンレスやシルバーなどの金属は、熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいままという考えのもと作られています。

しかし、舌の上に当たった時にする独特の金属の味が嫌な方も少なくないです。

 

それとは対極的なのが木製のスプーンです。

熱伝導が悪いため、熱いものでも冷たいものでもスプーン自体は熱くも冷たくもならないです。

だから舌の上に乗せたときはやさしい印象を感じます。

ただ、これも舌の上に乗った時の木の味が嫌だという人もいます。

 

しかし、木の味がするものは表面の加工が一切されていないものに限ります。

現在の木製カトラリーのほとんどは表面加工されているので、その心配はないです。

 

その間といえるかは分かりませんが、他に陶器、磁器などがあります。

金属ほど冷たくはないですが、木よりかは冷たく、口当たりは中間といったところでしょうか。

これは陶器の味がするようなことはないです。

 

どの材質のスプーンが絶対に良いということはありません。

しかし、プリンに関しては断然、木のほうが良いかと私は思っています。

 

理由や口当たりのやさしさです。

金属や陶器のスプーンで食べるプリンは舌に乗ったとき少し冷たすぎる気がします。

この冷たさが舌を刺激し、本来のプリンの味がしっかり味わえないのだと思います。

これはプリンコンサルタントの濱口さんも同じ意見でした。

 

おいしいプリンを本当に美味しく食べるのなら木製のスプーンをおススメします!

 

 

 

次回は木製スプーンの表面加工についての研究成果をご報告します!!

関連記事

国際プリン協会との試食会&講習会

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   国際プリン協会プロデュースの

記事を読む

青柳養鶏場に行ってきました。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   福岡の青柳養鶏場に視察に行っ

記事を読む

それいけ!アツ姫編集部!!で抹茶プリン『おこい』が紹介されます

  こんにちは、プリン研究所の北村です。 5月27日(土)24時~サンテレビ「それ

記事を読む

ダチョウプリンの試作

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   来月から販売しようと思っているダチョウの

記事を読む

年始年末のご挨拶の手土産や年始のおもてなしにプリンはいかがですか?

  プリン研究所の北村です。 こんにちは。 最近とても寒くなってきておりますが、

記事を読む

鴨の卵のプリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   鴨にはいろいろな品種がありま

記事を読む

オリジナルプリンカップを求めて、中国へ

プリン研究所の北村です。 こんにちは。 久しぶりの更新です。  

記事を読む

京都伊勢丹でイベント初出店します。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   実はすでに始まってしまっているのですが、

記事を読む

no image

フラノデリスのデリスプリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   北海道を代表するパティスリー

記事を読む

キジの卵プリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   ホロホロ鳥に続いて、次はキジ

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑