*

アマトリチャーナ

公開日: : 最終更新日:2014/03/02 トマトソースパスタレシピ

プリン研究所の北村です。
こんにちは。

1人前

・トマトホール缶            1缶
・玉ねぎ              1/2個
・オリーブオイル         大さじ1

・塩                 1つまみ
・スパゲッティ1.7mm       90g 
・茹でるお湯                   2L
・塩                       20g

・薄切りベーコン                1枚
・玉ねぎ                    20g(1/10個分くらい)
・にんにく                     1片
・鷹の爪(ホール)               1本(中の種を取る)

・オリーブオイル           小さじ2

・白ワイン                  30cc
・水                    50~100cc
・上記のトマトソース        80cc

・茹で汁                 30~50cc(ベーコンの塩加減もあるので
                        味見しながら入れてください)
・ブラックペッパー          2~3振り(お好みで)     

・エキストラバージンオイル    大さじ1
・イタリアンパセリ              適量
(乾燥でもOK。普通のパセリは多少苦味がありますが気にならないなら大丈夫です。)
・パルメザンチーズ       適量

では作り方を超細かく説明していきます。

まずはトマトソースの作り方から。

①玉ねぎをみじん切りにする。

②フライパンにオリーブオイルを入れ、火にかけ、玉ねぎを少し色づくまで30分~1時間かけて弱火で炒める。

玉ねぎの炒める時間を短縮する裏ワザはコチラ

③ホールトマト缶をミキサーにかけて潰す。

(種が気になる方はザルなどで裏ごしてください)

④②の中に③を入れ、半量になるまで煮詰める。

次にパスタです。

①お湯を沸かす。(大きめのフライパンで沸かすと水が少なくてすみます。あまり多いお湯で茹でると解け出したでんぷんの比率がかなり変わるのでこの量で茹でるのがベストです。)

②その間に材料を用意する。(ベーコンは1.5cm幅に切る。玉ねぎは薄切り、にんにく、イタリアンパセリはみじん切り。鷹の爪は半分に切って中の種を全部出す。)

くっつくフライパンの中にオリーブオイル入れて、ベーコンを中火で炒める。(どちらかと言うと焼く感じで動かさないほうがいいです。)

少しフライパンが焦げ付いてきたら弱火にしてじっくり旨みを出しながら炒める。(ベーコンがくっついたら弱火でもいいです。)

⑤この間にパスタを茹で始める。(茹であがり時間より2分早めに上げる。)

⑥にんにく、鷹の爪を入れる。

⑦にんにくが少し色づいてきたら、玉ねぎを入れ透き通るくらいまで、フライパンについている焦げを剥がしながら炒める

⑦白ワインを入れ、しっかり焦げをこそぎ落とす

⑧トマトソースと水を入れて強火で沸騰させ、弱火にし、パスタの茹で上がりを待つ。

⑨パスタをフライパンに入れて強火にし、常に沸騰させながら水分を飛ばし過ぎないように絡める。沸騰していることが確認できたら中火にし、1分半箸で混ぜ、絡めながらパスタに火を通していく。その間に水分が飛んでくるので、水を足しながらうまく水分をキープしていく。
味見をし、塩味が足りなければゆで汁を入れる。

⑩パスタをゆでていた鍋の上に皿をおいて温めておく

⑪ブラックペッパーを入れる。

⑫味見をし、塩気が足りなければゆで汁を足す。(味見中も水分が飛んでいくので注意すること。茹で汁を入れたら強火にして、水分を飛ばす。)

⑬温めた皿に盛り付け、エキストラバージンオイル、イタリアンパセリ、パルメザンチーズをかける。

ちなみにパセリを入れなくてもできますが、パセリには消臭効果があるのでにんにくを入れるパスタには入れたほうがいいです。

ベーコンは薄切りでなくても厚切りやブロックを使っていただいてもいいです。

厚切りのほうが美味しいですが、今回は手に入りやすく使いやすい薄切りを使いました。

以上、かなり細かく書いたのですが、わからなければ質問していただければお答えします。

がんばって作ってみてください。

関連記事

記事はありませんでした

コメントを残す

PAGE TOP ↑