*

出汁から作る、本格天つゆレシピ

公開日: : 最終更新日:2014/03/21 天ぷらレシピ

プリン研究所の北村です。
こんにちは。

天つゆを付けて食べるのは邪道だという方もいらっしゃいますが、塩だけじゃあきませんか。

私は天つゆも美味しいと思います。

そんな方に美味しい天つゆのレシピをご紹介したいと思います。

天つゆレシピ

水          400ml
出汁用昆布    10cm
出汁用鰹節      20g
醤油         大さじ3
みりん        大さじ3

まずは出汁の取り方から。

①出汁用昆布の表面を布巾でふき取り、水に30分つける。

②鍋に入れて強火に火にかけ、60℃くらいまで温める。

③弱火にして、沸騰させないように注意しながら30分煮出す。

④昆布を取り出し、強火にして沸騰させる。

⑤鰹節を入れて、弱火にし、3~5分煮出す。(鰹節の厚さによります。)

⑥そのまま冷ます。

普通はすぐに濾すのですが、おいておけば出汁は出ます。

そのかわり、少しエグさも出ると言われますが、私はそれよりもうまみを出したほうが美味しいと思っています。

もし2番出汁を何かに使う予定があるなら濾してください。

2番出汁は、昆布、カツオを水の中に入れて煮出せばできます。

そして次は天つゆを作ります。

①みりんを火にかけ、沸騰させてアルコールを飛ばす。

出汁200mlと醤油を入れて80℃くらいまで温める。

天つゆは熱すぎるとあまりよくありません。

熱いと衣が出汁を吸いすぎてふやけてしまいます。

大体60℃前後で食べるのがいいとされていますが、そこまでこだわる必要はないと思ってはいます。

あとは大根おろしやショウガなどを入れてお召し上がりください。

あ、ほんだしでも美味しくできますよ。

その場合、水200mlに対して、少し濃い目のほんだしを入れてください。

ただ、面倒ですが、やっぱり出汁を取った天つゆは別格です。

是非お試しください。

関連記事

記事はありませんでした

コメントを残す

PAGE TOP ↑