Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /export/sd210/www/jp/r/e/gmoserver/8/7/sd0464587/puddinglaboratory.jp/brog/wordpress-3.8.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /export/sd210/www/jp/r/e/gmoserver/8/7/sd0464587/puddinglaboratory.jp/brog/wordpress-3.8.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
美味しいプリンの素材選び④ 砂糖 | プリン研究所 official blog
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd210/www/jp/r/e/gmoserver/8/7/sd0464587/puddinglaboratory.jp/brog/wordpress-3.8.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/post-template.php on line 284

*

美味しいプリンの素材選び④ 砂糖

公開日: : 最終更新日:2014/03/12 プリン材料学

プリン研究所の北村です。
こんにちは。

プリンに関しては砂糖はそんなに重要な要素を占めません。

特に、牛乳や卵にこだわりを持つなら、わざわざ風味をつける必要はないと私は考えます。

要するに精製度の高い砂糖のほうがプリンには合うと私は考えます。

グラニュー糖や白ザラメ糖が一番いいですね。

手に入りやすさと価格でいえば、グラニュー糖が一番いいです。

もしクレームブリュレで表面をキャラメリゼをするのならカソナードはいいと思います。

カソナードは普通の砂糖よりも甘みを感じにくいので、キャラメリゼしても甘ったるくならないです。

プロのパティシエなら違う使い方もできるのですが、使い方が難しいのでキャラメリゼ用の砂糖だと思っていただいても大丈夫です。

グラニュー糖でもできますが、カソナードのほうが均一に溶けて広がってくれるので、きれいにキャラメリゼできます。

ただ、家でやるならわざわざカソナードを買う必要はないです。

値段も2倍以上します。

確かにグラニュー糖とは風味が少し違いますが、それほど重要なものでもないので、今後も頻繁に使うのならいいですが基本的にはいらないでしょう。

もし均等にキャラメリゼをしたいのなら粉糖でもできます。

飾り用の溶けない粉糖はだめです。

粉糖でする場合は何度か繰り返す必要がありますが、きれいに均等にキャラメリゼできます。

面倒だからといって、粉糖をたくさん振りかけてキャラメリゼしても、ムラになるだけでなので薄く振りかけて何度もキャラメリゼしてください。

砂糖については以上ですね。

個人的に重要視していない項目なので、もしいろいろ知りたい方はウィキペディアを見てください。

関連記事

no image

美味しいプリンの素材選び③ 香料 (バニラビーンズの使い方)

プリン研究所の北村です。 こんにちは。 香料は一般的なプリンに使われているものではバニラやブ

記事を読む

no image

美味しいプリンの素材選び② 卵

こんにちは、プリン研究所 所長の北村です。 今日から美味しいプリンの作り方をお教えしたいと思い

記事を読む

no image

美味しいプリンの素材選び① 牛乳

こんにちは、プリン研究所 所長の北村です。 今日から美味しいプリンの作り方をお教えしたいと思い

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑