*

アローカナ「幸せの青たまご」でのプリンの試作

公開日: : 最終更新日:2014/03/02 プリン専門店「プリン研究所」

プリン研究所の北村です。
こんにちは。

今日はインターネットで取り寄せたアローカナという鶏の品種からうまれる卵「幸せの青たまご」と呼ばれる殻の表面が青い特別な卵でプリンの試作をしました。

画像ではわかりにくいですけど、ちょっと青っぽいですよね。

割ろうとしてみたのですが、殻がかなりしっかりしてます。

割ってみたらパッと見では普通の卵でした。

卵黄を取り出してボールの中に入れたらかなりびっくりしました。

オレンジ色のピンポン玉みたいに盛り上がってました。

とりあえずベタだけど持ち上げてみました。

全く破れる気配はなしです。

調子に乗って振ってみたんですが、それでも破れませんでした。

プリンにしてみて分かったのですが、かなり味が濃いです。

牛乳を入れてみると歴然に色が違います。

プリンでいい卵を使う理由の1つに、卵黄が濃いというのがあります。

まあ当然と言えば当然なのですが、重要なことは、少ない卵の量で卵の味が濃く出せるということです。

卵が少なくてもいいということは、プリンを柔らかく仕上げることができます。

つまり、普通の卵で味を濃く出そうとするとどうしてもプリンが固くなってしまうのですが、いい卵は卵の味が濃いのになめらかで柔らかいプリンを作ることができるということです。

試食してみた感想ですが、長年パティシエをしてきましたが、こんなに卵の味が濃いプリンは初めて食べました。

かなり特徴の出たいいプリンが作れたと思っています。

ただ、まだまだ納得していない部分もあるので、もう少し研究して、さらにいいものを作っていこうと思います。

関連記事

no image

10月8日の13時~ラジオの生放送に出演します。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   先日、AMのラジオ関西さんからラジオの出

記事を読む

天皇杯、農林水産大臣賞を受賞した最高級抹茶プリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   私も全く知らなかったのですが

記事を読む

スプーン研究所vol.2 スプーンの素材

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   前回のスプーン研究所vol.1を見ていな

記事を読む

究極のコーヒープリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   以前から注文していたコーヒー

記事を読む

プリン協会とのコラボレーション企画

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   今度、国際プリン協会さんとの

記事を読む

ダチョウプリンの試作

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   来月から販売しようと思っているダチョウの

記事を読む

no image

あと10分で当店のプリンが紹介される番組が始まってしまいますw

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   すみません、報告が遅れました。 &nb

記事を読む

クレジットカード決済に対応いたしました。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   お待たせして申し訳ありませんでした。

記事を読む

no image

東京出張1日目「プリンフェスティバル2014」

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   7月20日、東京、恵比寿で開かれたプリン

記事を読む

オリジナルプリンカップを求めて、中国へ

プリン研究所の北村です。 こんにちは。 久しぶりの更新です。  

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑