*

鴨の卵のプリン

公開日: : プリン専門店「プリン研究所」

プリン研究所の北村です。

こんにちは。

 

鴨にはいろいろな品種がありますが、一般的には、真鴨、合鴨の2種類が多いです。

合鴨はアヒルと真鴨を掛け合わせたものです。

一般的にフランス料理で出てくる鴨の多くは合鴨です。

 

真鴨は手に入りにくく、高値で取引されているので、あまりお目にかかることはないかもしれません。

 

今回の卵も合鴨の卵です。

 

鴨は野生の血が混ざっていると産卵期が4月から6月と言われています。

ただ、ずっと飼育されている鴨は年中卵を産むそうです。

 

卵はこんな感じです。

DSCF1141

右は鶏の卵です。

比較のためですね。

 

左と真ん中は両方とも鴨の卵です。

野生の真鴨の血が入っていると青色になることがあるそうです。

ちなみに真鴨の卵は常に青色です。

 

割ってみると、殻はそんなに固くないのですが、薄皮がかなりしっかりしています。

 

そして、卵白のクリア感に感動しました。

DSCF1144

写真でもわかるくらいクリアですよね。

卵白だけだと水かと思うくらい透明度が高いです。

 

これだけでなんとなく期待感が高まります。

 

卵黄は大きく、比率は卵黄2:卵白2.5くらいです。

卵黄が大きいほうが一般的な気がしてくるほど、卵黄が大きい卵が多いです。

 

まずはいつも通り、卵かけごはんにしてみました。

卵黄の甘みが強いです。

匂いも全くありません。

私が今まで食べた卵かけごはんの中で一番好きかもしれません。

 

プリンにしてみると、まあ普通ですね。

卵白には全く臭みがありません。

 

ただ、卵黄に少し臭みがあります。

そして、あまり卵のコクがありません。

思ったのと違っていたので残念です。

 

ただ、ひょっとしたら品種を変えれば美味しいものはあるかもしれません。

鴨にもブランドがあるので、一度試してみたいと思います。

関連記事

1月5日(月)20:00~MBSラジオ(1179kHz)「魁!!なすなか塾」に出演します

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   今年初のメディア露出の日程が決まりました

記事を読む

創業補助金が採択されました!

プリン研究所の北村です。 こんにちは。     &nbs

記事を読む

no image

めざましテレビの反響

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   先日から予告されていた7月30日放送され

記事を読む

クジャクの卵のプリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   これは研究の一環として試して

記事を読む

ケーブルテレビの撮影

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   先日、ケーブルテレビJ-COMの「wor

記事を読む

究極のコーヒープリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   以前から注文していたコーヒー

記事を読む

no image

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 プリン研究所の北村です。 2014年は本当にいろいろな方にお

記事を読む

TURNS(ターンズ)6月号に当店の抹茶プリン『おこい』が紹介されました。

  こんにちは、プリン研究所の北村です。 4月20日発売のTURNS(ターンズ)6

記事を読む

卵黄、卵白の比率による食感の違い

プリン研究所の北村です。 こんにちは。 この前、とあるケーキ屋さんのプリンを食べたときに、少

記事を読む

システムのエラーで販売開始時間が遅れました。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   本日10時より販売を開始する予定でしたバ

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑