*

クジャクの卵のプリン

公開日: : 最終更新日:2014/05/02 プリン専門店「プリン研究所」

プリン研究所の北村です。

こんにちは。

 

これは研究の一環として試してみようと思い購入しました。

正直商品化するのは難しいと思っていたからです。

 

希少性はもちろんのこと、1個当たりの値段が高すぎるからです。

内容量は100g程度(鶏卵の2倍くらい)で、1個2,800円でさらに配送料がかかってきます。

 

この卵から作れるプリンの量は2個くらいです。

原価で1800円くらいでしょうか。

 

飲食業の原価率は大体30パーセントと言われています。

それに当てはめると100g入りのプリンが1個6000円です。

 

相当美味しければ買うかもしれませんが、注文が来ても作れないですね。

ただ、本当にプリンの革命なんじゃないかと思うくらい美味しければ1年で10個限定とかなら売れるかもしれませんね。

 

見た目はこんな卵です。

DSCF1119

左がクジャク、右が鶏です。

さほど変わらないでしょ?

 

これが1個2800円です!!

 

割ってみると、卵黄がデカいです。

意外と卵黄の大きな卵って多いんだな。

 

いろいろな卵を見てきたので、もうあまり珍しさを感じませんでした。

 

期待と不安を胸に、作ったプリンをいざ実食!!

 

 

感想は・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

うん、マズイ!!!!

 

もう一口!とはならないですね。

 

尋常じゃない野性味です。

キジを完全に上回りましたね。

 

卵黄のみのプリンはまだ大丈夫ですが、全卵のプリンは食べれたものじゃないですね。

卵の臭さは卵白が原因だというのも大体わかりました。

 

口の中が完全に動物園です。

 

1個6000円のプリンは夢へと消えました。

まあでも貴重な経験でした。

 

クジャクの卵を食べたことがある人はそういないと思います。

自分でいうのもなんですが、研究所っぽいなと思いました。

 

今後もいろいろ試していきたいと思います!!

関連記事

no image

私の思う最高のプリン屋さん それがプリン研究所です。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。 突然ですが、あなたはどんなプリンを食べたいですか?

記事を読む

新年、明けましておめでとうございます!

  新年、明けましておめでとうございます! プリン研究所の北村です。 2017年

記事を読む

国際プリン協会との試食会&講習会

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   国際プリン協会プロデュースの

記事を読む

ベストお取り寄せ大賞2014ショップ自慢の一品にノミネート

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   日本最大級のお取り寄せの口コミサイト「お

記事を読む

no image

めざましテレビの反響

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   先日から予告されていた7月30日放送され

記事を読む

no image

東京出張2日目「めざましテレビ収録」

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   プリンフェスティバルの次の日、めざましテ

記事を読む

賞味期限のための菌検査(最終30日目)

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   ついに賞味期限テスト最終期限、30日目の

記事を読む

シールのデザイン完成!!

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   ようやくシールの全デザインが完成しました

記事を読む

no image

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 プリン研究所の北村です。 2014年は本当にいろいろな方にお

記事を読む

no image

新商品かぼちゃプリン『くりりん』

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   10月14日から新商品の販売を開始します

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑