Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /export/sd210/www/jp/r/e/gmoserver/8/7/sd0464587/puddinglaboratory.jp/brog/wordpress-3.8.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /export/sd210/www/jp/r/e/gmoserver/8/7/sd0464587/puddinglaboratory.jp/brog/wordpress-3.8.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
青柳養鶏場に行ってきました。 | プリン研究所 official blog

*

青柳養鶏場に行ってきました。

公開日: : プリン専門店「プリン研究所」

プリン研究所の北村です。

こんにちは。

 

福岡の青柳養鶏場に視察に行ってきました。

以前から言っているように、あおやぎさんの卵は臭みがなく、プリンにとても合います。

 

プリンに使うのは、こちらの「おうはん」という品種の卵です。

DSCF1270

この鶏は昔ながらの純国産品種で、見ると懐かしいと思う方もいるかもしれません。

昔はこの品種が主流だったようです。

 

体は大きくエサもよく食べるので、養鶏場にはなかなか痛いそうです(笑)

ただ、その分、栄養価も高く、味の濃い卵ができるんだとか。

 

写真を見て、気になった方もいるかと思いますが、ここの卵は平飼いではなく、ゲージ飼いです。

平飼いは羽数が買えず、広い土地がいるので、どうしても高い卵になるそうです。

 

実際は平飼いのほうが養鶏場にとっては楽なので、そちらもやりたいと言っていました。

 

あとは、衛生的にはゲージ飼いのほうがいいといわれています。

ただ平飼いも、いいシステムが開発されたそうで、衛生的にも全く問題ないものがあるそうですが、お金がかなりかかるので導入しているところは、まだまだ少ないそうです。

 

これは以前に聞いたのですが、平飼いでも鶏同士がつつき合ってけがをすることがあり、それを防ぐために鶏のくちばしを切ってしまう養鶏場さんも多いようで、それが鶏の自然な姿なのかどうか疑問がわきます。

 

平飼い、ゲージ飼い、どちらがいいかは難しいところですが、私はそんなことよりも美味しい卵であればどちらでもいいと思っています。

 

他にも、ボリスブラウン

DSCF1271

アローカナ

DSCF1272

などが買われています。

 

アローカナは国際プリン協会さんプロデュースのプリンに採用しようと思っています。

幸せの青い卵を産む唯一の鶏です。

 

この品種は羽数が少ないので、少し数を増やしていただけるようお願いしました。

ご協力ありがとうございます。

 

 

食べさせているエサは、専門家に依頼して配合されているそうです。

DSCF1273

ここのエサの最大の特徴は魚粉を入れていないことです。

 

魚粉を入れると、卵の臭みが出てしまいます。

ただ、それを抜くと、卵をあまり産まなくなったりすることが他の養鶏場さんではあったようです。

しかし、ここはエサの専門家に依頼しているので、そういうことはなかったそうです。

ただ、魚粉を入れなくすることで、エサ代がかなり上がったそうです。

 

そして、トウモロコシは、非遺伝子組み換えのものしか使用していません。

養鶏場の多くは遺伝子組み換えのトウモロコシを使っています。

単純に安いからです。

非遺伝子組み換えにするだけで、5倍くらいの値段がかかるそうです。

 

あとは、パプリカ、赤ピーマンを入れています。

写真を見ると赤っぽいですよね。

これを入れることで。活性酸素から細胞を守り、余計な脂肪を燃やします。

さらに食欲増進効果があり、健康な鶏が育ちます。

食欲増進させるとエサ代がバカにならないのですが、エサを食べる鶏のほうが美味しい卵ができるそうです。

 

そして、赤いエサを入れることで、卵黄の色が濃くなり、おいしく見えます。

他の養鶏場では、色を濃く見せるために、エサに着色料を混ぜているところも多いです。

なぜそんなことをするかというと、パプリカなどを混ぜるとエサ代が高くなるからです。

 

ここは、そういうことを一切せず、本当にこだわった卵を生産しています。

そんな貴重な卵をお譲りいただき、ありがとうございます。

 

大切に使わせていただきます。

販売まで、もう少々お待ちください!!

関連記事

読売テレビ内に潜入してきました!

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   本日、明日の「す・またん」で紹介される抹

記事を読む

かぼちゃプリンの販売が開始されました!

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   ようやくかぼちゃプリンの販売ページが完成

記事を読む

TURNS(ターンズ)6月号に当店の抹茶プリン『おこい』が紹介されました。

  こんにちは、プリン研究所の北村です。 4月20日発売のTURNS(ターンズ)6

記事を読む

シールのデザイン完成!!

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   ようやくシールの全デザインが完成しました

記事を読む

テレビ放映日が決定!!

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   以前、ブログで実家のケーキ屋がテレビに出

記事を読む

プリンフェスティバルを開催いたします。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   「国際プリン協会」ってご存知でしょう

記事を読む

ケーブルテレビの撮影

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   先日、ケーブルテレビJ-COMの「wor

記事を読む

クジャクの卵のプリン

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   これは研究の一環として試して

記事を読む

no image

東京出張2日目「めざましテレビ収録」

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   プリンフェスティバルの次の日、めざましテ

記事を読む

1月29日(木)MBSラジオ「松井愛のすこ~し愛して」に生出演します。

プリン研究所の北村です。 こんにちは。   実は急遽決まったのですが、本日、MBSラ

記事を読む

コメントを残す

PAGE TOP ↑